薄毛治療はクリニックで受けられる【AGAは男性の3に1人が悩む症状】

薄毛・AGAの症状の方が日本全国でいったいに何人くらいいるかご存知ですか?

その数は約1,300万人と言われています。国内の成人男性(20-69歳)の人口は約4,200万人。つまり約3人に1人もの方が薄毛で悩んでいます。

テッペンハゲ

しかしそんなにたくさんの方が薄毛・ハゲで悩んでいるにも関わらず、薄毛の原因や治療法について正しく理解している方はほどんどいません。また親や祖父が禿げていたら「自分もどうぜ禿げるに決まっている」と諦めている人もいるでしょう。

たしかにハゲは治療できない病気と考えられていた時代もありました。「毛生え薬を発明すれば、ノーベル賞ものだ」なんて過去には言われていたくらいですからね。

ですが薄毛は今や治らない病気ではありません。頭髪治療の専門クリニックで正しい治療を受ければ、薄毛は治る時代になりました。

AGAが起こるメカニズムや治療方法、治療にかかる具体的な費用について、ヘアケアのプロである『毛髪診断士』『育毛アドバイザー』の資格を持つ当サイト・フサメンの管理人がわかりやすく解説します。

kochira おすすめのAGAクリニックを今すぐ確認する

 

AGA(男性型脱毛症)とはどんな症状?

私たちが普段、薄毛や若ハゲと言っている症状のことを専門的には『AGA』と呼びます。

薄毛の男性

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略語で、日本語に直訳すると男性型脱毛症という意味です。

ではそのAGAが起こるメカニズム、どんな風に症状が進行していくのかを確認していきましょう。

AGAが起こるメカニズム

一般的に髪は成長期→退行期→休止期→成長期…と、生えて育って抜けてまた生えてを何度も繰り返します。この周期をヘアサイクル(毛周期)と呼びます。

ヘアサイクル

しかし体内のある物質が毛髪に作用すると、ヘアサイクルの内で通常は2-6年の成長期が数カ月から1年と極端に短くなり、抜け毛の量が増える現象が起こることがわかりました。このヘアサイクルの乱れによる抜け毛の増加がAGAと呼ばれる現象です。

AGA

そしてAGAを引き起こしてるある物質というのが、活性の強い男性ホルモン『DHT(ジヒドロテストステロン)』になります。

AGAの原因のDHTが生成される流れ

では私たちの体内でDHTがどのように生成されるでしょう?

血液中に流れる男性ホルモンの一種に『テストステロン』があります。これが体内の血液を流れて、毛乳頭に進入すると還元型酵素『5αリダクターゼ』の働きによって、より活性の強い男性ホルモン『DHT』に変化します。

これが抜け毛の原因となるDHTが生成される流れです。

そしてDHTが毛乳頭内にある男性ホルモンレセプター(受容体)と結合すると、毛髪の発育が抑制されて抜け毛が増えて薄毛が進行します。

AGAの進行パターン

AGAの進行パターンは人によってバラバラですが、『ハミルトン・ノーウッド分類』によりおよそ三つのパターンに分けることができます。

ハミルトンノーウッド分類

具体的には『頭頂部型』『生え際型』『前頭部型』のいずれで、薄毛は進行していくんですね。

しかしその帰着先はいずれも同じ。最終的には『側頭部』と『後頭部』のDHTの影響を受けにくい毛髪は以外は、一目見て薄毛・ハゲと言われる状態まで髪が抜けます。

AGAは不可逆性の症状なので放置しても改善することは無い

「でも人によってはAGAの進行が途中でストップしたり、また生えてくることもあるんじゃないの?」

残念ながらAGAは不可逆性の症状であり、放置すればするほど薄毛が進行するだけです。治療に取り組まない限り、改善することはまずありません。

放置すればした分だけ、あなたの薄毛・ハゲは進行して治療するのがより難しくなるだけです。少しでも髪に異変を感じたら、手遅れになる前に治療することを検討してください。

AGA(男性型脱毛症)のまとめ

・AGAはヘアサイクルの内、成長期の期間が短くなり抜け毛が増える症状

・AGAの原因は活性の強い男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)

・AGAは三種類の症状から始まるが行きつく先は同じ

・AGAは不可逆性の症状のため放置するほど薄毛が進行する

AGAの治療方法【毛髪診断士がわかりやすく解説】

AGAの治療では『抜け毛を抑える薬(ブレーキの役割)』『髪を生やす薬(アクセルの役割)』の2種類を併用することが大切です。

『抜け毛を抑える薬』だけでは現状維持しか期待できないですし、『髪を生やす薬』だけでは抜け毛の原因を解消できないので生えてもすぐに毛は抜けていきますからね。片方だけでは大きな効果を期待できません。

つまり『ブレーキ』と『アクセル』の2つの役割のお薬を併用するからこそ、現状維持以上の治療効果を期待できるのです。

なお2種類の薬の内、『抜け毛を抑える薬』を【フィナステリド】、『髪を生やす薬』を【ミノキシジル】と言います。

AGA治療薬フィナステリドの働き

お薬プロペシア

フィナステリドは『プロペシア』『ファイザー』『FCI』『サワイ』『クラシエ』などの名称で、処方されている薬です。プロペシアが先行医薬品である、それ以外はそのジェネリックにあたります。

このお薬はは酵素阻害薬と呼ばれており、抜け毛の原因であるDHTの生成するの必要な還元型酵素『5αリダクターゼ』の働きを抑制します。

そのおかげでDHTは生成されなくなり、抜け毛が抑制されてAGAの進行が抑えられるという訳です。

フィナステリドの効果

フィナステリドの効果について、414名の日本人を対象に1㎎/日の量(一般的な処方量と同じ)で臨床試験を行ったところ、48週間で58%以上の方に軽度改善以上の効果を確認できました。

そして2年間の服用では68%、3年間の服用では78%の改善効果を得られており、3年間継続すれば約8割もの方が薄毛が改善するお薬です。

別の被験者801名を対象とした観察研究では、フィナステリド1㎎/日を5年間服用を継続した場合は、99.4%の症例で効果を確認できました。

以上のようにフィナステリドは継続すれば、大半の方に薄毛改善の効果を期待できるお薬です。

その成果もあって、日本皮膚科学会が発行する『男性型おより女性型脱毛症診療ガイドライン2017(最新版)』においても、推奨度A(行うように強く勧める)の最高評価を獲得しています。

男性型脱毛症にはフィナステリドの内服を行うよう強く勧める.一方,女性型脱毛症には行うべきではない.
【引用】男性型おより女性型脱毛症診療ガイドライン2017

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用について、国内の臨床試験では次の内容が確認されました。

  • リビドー減退…3例(1.1%)
  • 勃起不全…2例(0.7%)
どちらも男性気に関する症状となりますが、その発症率は1%前後と極めて低いです。

ただし報告されている副作用はいずれも自覚症状で軽微なもの。そもそもフィナステリドは、男性ホルモン『テストステロン』には作用しません。あくまでも作用対象は還元型酵素『5αリダクターゼ』に対してのみです。

そのため男性ホルモンが影響する、男性器関連の副作用が発症することは考えにくいです。ですので、上記の症状は薬の副作用ではなく、被験者さま自身の体調や加齢による問題だった可能性もあるのではないかと考えます。

新薬デュタステリドも認可された

笑顔の薬剤師

フィナステリドを有効成分に持つプロペシアは2005年に国内で販売が開始されたお薬ですが、2016年に国の認可を受けて処方開始になった新しいAGA治療薬もあります。それが『デュタステリド(商品名ザガーロ・カプセル)』です。

デュタステリドはフィナステリドと同じく、還元型酵素の働きをおさえてAGAの進行を抑制するお薬となります。

それら2つの薬の違い作用する還元型酵素の種類です。フィナステリドはⅡ型の還元型酵素にしか作用しませんが、デュタスリドはⅠ型とⅡ型のどちらの還元型酵素にも働きかけます。

還元型酵素阻害薬の作用
  • フィナステリド…Ⅱ型のみに作用
  • デュタステリド…Ⅰ型、Ⅱ型のどちらにも作用
そのため期待できる効果もデュタステリドの方が高いと考える専門医が多いです。ただし効果がある半面、副作用のリスクも高くなる可能性が高く※なります。

※同一対象で比較試験をデータが無いので、厳密には言い切れませんがそう考える有識者が大半。

ですのでお薬を服用するのであれば、まずはフィナステリドを選択して、それで満足行く効果を得られなければデュタステリドを検討する流れが良いでしょう。

発毛薬ミノキシジルの働き・効果

ここまでに紹介した『フィナステリド』や『デュタステリド』はあくまでも抜け毛を抑えてAGAの進行を抑制するお薬です。それらには発毛効果はありません。

そのため現状維持ではなく、髪を増やすことが目的なら、発毛効果のあるお薬を飲む必要があります。それが『ミノキシジル』です。

そもそもミノキシジルは高血圧の薬として1970年代の後半から米国で使用されていた血管拡張剤であり、そもそもの目的は高血圧の方の血圧を降下させることでした。

しかしその副作用として多毛症の症状を頻繁に引き起こすことを確認できたので、頭皮に対しての臨床試験が行われ、脱毛症にも有効だということが確認されました。

なおミノキシジルは外用・内服で使用されており、外用ミノキシジルは『リアップX5(大正製薬)』『メディカルミノキ5(アンファー)』『リグロEX5(ロート製薬)』などの商品名で『第1類医薬品』として販売されています。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用はまとめると次の通りです。

  • 皮膚…頭皮の発疹、かゆみ、かぶれ、ふけなど
  • 精神神経系…頭痛、めまいなど
  • 循環器…胸の痛み、心拍が速くなるなど
  • 代謝系…手足のむくみなど
また内服薬として服用した場合には、上記以外にも髪以外の体毛(眉毛やまつげなど)の増加という作用もあります。

ですのでたとえ髪が増えても、体毛が濃くなるのは絶対に嫌だという方にはおすすはできない薬です。ただ男性なら別に体毛が濃くても、問題は無いかと思うので、副作用のリスクよりも効果のメリットが大きな薬です。

AGA(男性型脱毛症)のまとめ

・AGA治療では『フィナステリド』と『ミノキシジル』を併用することが大切

・フィナステリドはAGAの進行を抑える役割(ブレーキの働き)

・ミノキシジルは発毛を促進する役割(アクセルの働き)

・フィナステリドは男性型脱毛診療ガイドラインで推奨度Aの評価を受けている

AGA治療を受けられるクリニック

ここまででAGA治療では、『フィナステリド』と『ミノキシジル』の併用することが大切とお伝えしました。

「じゃあそれらのお薬はどこで手に入るの?」「ドラッグストアや薬局で買える?」「病院で治療するなら何科へ行けば良い?」など、疑問を持たれている方が多いはずです。

続いてはそれらの点について、順番にお伝えしていきます。

フィナステリドはドラッグストア・薬局で買えない!

紹介したお薬の内で、薬局やドラッグストアで購入できるのは『外用ミノキシジル(頭に塗るタイプ)』のミノキシジルだけです(リアップX5やリグロEX5など)。

フィナステリド(プロペシア)や内服用のミノキシジル(ミノキシジルタブレット。通称ミノタブ)は医師の処方が必要な処方箋薬なので、薬局へ行って「フィナステリドください」と伝えても売ってもらうことはできません。

そのためAGAの本気で治療をするためには、必然的にクリニックへ行く必要があります。

個人輸入は危険が伴うのでおすすめできない

怪しい男

AGA治療薬を入手する方法として、海外医薬品を個人輸入を活用して入手している方もいますが、安全性の面から言って危険すぎるので絶対にやめてください。

というのは最近は海外で薄毛治療薬やED薬などの人気の高い薬剤が、海外偽薬業者のターゲットとなっており、大量の偽薬が出回っているからです。人気のお薬の個人輸入品は約4割が偽薬というデータもあります。

厚生労働省もこの点を非常に懸念しており、『海外医薬品を個人輸入で購入するリスク』を訴えるためのサイトまで立ち上げて注意喚起するレベルです。

個人輸入は手軽に安い値段で注文できるし、病院へ行かずに薬が手に入るというメリットばかりが注目されがちですが、いくら値段が安くてもそれが偽物だったら全く意味がありません。

不衛生な環境で生成され、不純物混入のリスクも高い偽薬。最近では個人輸入で購入した海外医薬品を服用して、死亡例を含む健康被害が起こったケースも報告されています。

偽造品は効果がないだけではなく、不純物の混入により死亡例を含む思わぬ健康被害を及ぼすことが報告されています。何が含まれているかわからない物質を服用することによって引き起こされた健康被害は対処方法がわからないまま重大な自体を引き起こし、場合によっては死に至る可能性を含んでいます。
【参照】海外医薬品や海外サプリメントの個人輸入のリスクについて

わずか少しのお金と時間を節約するためだけに、あなたの大切な命を危険にさらしてはいけません。クリニックで血液検査をして体調管理をしながら、専門医のアドバイスを受けつつ治療を進めるのが安心で安全です。

AGA薬を処方してくれるのは主に皮膚科・内科・AGAクリニック

AGA治療薬の内で、フィナステリドを処方してくれるのは頭髪治療を専門に行うAGAクリニックと、一部の内科や皮膚科です。

ただし、内科や皮膚科で処方してくれるのはAGA抑制薬の『フィナステリド』のみ。それらのクリニックでは、発毛薬の内服ミノキシジルの処方はしてくれません。

先ほどもお伝えしたように、薄毛治療で大切なのは『フィナステリド』と『ミノキジル』の併用です。どちらか一方だけでは、薄毛の効果的な改善を見込めないので、クリニック選びにはくれぐれも注意してください。

AGA治療を受けられるクリニックまとめ

・フィナステリドは医師処方箋薬のため薬局では販売されていない

・個人輸入薬は偽薬のリスクがあるため健康・安全面を考えると危険

・ミノキシジルの処方はAGA専門クリニックでしか行っていない

AGA治療を受けるなら頭髪治療専門クリニックがおすすめな理由

AGAクリニックの医師

AGA治療薬『フィナステリド』は頭髪治療専門のクリニック(AGAクリニック)と、一部の内科・皮膚科で処方してもらえますが、おすすめなのは頭髪治療専門医で処方してもらうことです。

その理由は皮膚科や内科が『ミノキシジル』を処方してもらえないだけではありません。他にもいくつかデメリットがあるので、その点について続いて解説します。

皮膚科や内科でAGA治療を受けるデメリット

皮膚科や内科などの、頭髪治療を専門としてないクリニックで治療を受けるデメリットは次の通りです。

内科や皮膚科で薄毛治療するデメリット
  • ミノキシジルを処方してくれない
  • 頭皮や毛髪の状態をチェックしない
  • カウンセリングをしてくれない(あるいは有料)
  • お薬のオーダーメイド処方なし
  • 専門家ではないので適切な治療法を提案できない
それらの点について、詳細は次の通りです。

1.ミノキシジルを処方してくれない

内科や皮膚科で処方してくれるのは、AGAの進行を抑える『フィナステリド(プロペシア)』か『デュタステリド(ザガーロ)』のみです。

発毛薬であるミノキシジルの処方は行っていません。AGA治療で大切なのは抜け毛を減らしながら、髪を生やすことです。それらの薬だけでは発毛効果を期待できません。

2.頭皮や毛髪の状態をチェックしない

私も過去に内科でプロペシアの処方をしてもらったことがありますが、頭皮や毛髪のチェックなどは一切行ってくれていませんでした。

問診で体調のことを質問され、お薬を処方されておしまいです。AGAがどの程度進行しているかは、マイクロスコープで頭皮や毛髪をきちんと調べない限りわかりません。

患者の症状も確認せずにプロペシアを処方されるだけの治療なら、クリニックへ行く意味なんてありません。

3.カウンセリングをしてくれない(あるいは有料)

AGAクリニックの多くは治療を受ける前に事前に無料カウンセリングをしてくれます。そこでクリニックの雰囲気がスタッフの対応がわかるので、自分に合っているクリニックかどうかを判断することができます。

もちろんそこであなたに合わないクリニックだと感じたら、治療を受けるのをお断りすることもOKです。

しかし皮膚科・内科の場合はいきなり診療が始まるので、病院へ行った時点で治療を受けることは前提ですし診察料も発生します。これでは患者の立場があまりにも不利ですよね。
【2019年版】おすすめのAGAクリニックランキング

4.お薬のオーダーメイド処方なし

上述したように皮膚科・内科での薄毛治療は『プロペシア』か『ザガーロ』の処方のみ。しかし薄毛の進行状況や治療にかけられる予算は人それぞれなはずです。

そのため本当に必要なのは各自の症状に応じて、薬の分量や有効成分を調整するオーダーメイド処方です。

AGA治療の専門クリニックであれば、各患者さまの症状に応じてオーダーメイド処方や最適な治療プランの提案をしてくれるので、あなたの症状や予算に合った治療を受けることができます。

5.薄毛治療実績がほとんど無い

皮膚科や内科の場合、薄毛治療を目的として来られる患者さまが少数です。場合によってはあなたが一人目というケースもあります。そのため病院自体に薄毛治療の実績がありません。

ですので医師自体が処方する薬であなたの症状が治療できるのか、わかっていないケースもあるのです。もし効果が無いのだとしたら、薬を飲み続けるなんてバカらしいですよね。

しかしAGAクリニックであれば、患者さま全て薄毛の悩みを持たれている方。これまでの実績・経験も豊富であり、あなたに合った治療を提案してくれます。

AGAクリニックとそれ以外(内科や皮膚科)との比較

頭髪治療専門クリニックと、その他クリニックとの薄毛治療の比較を表にまとめると次のようになります。

AGAクリニックとその他のクリニックの比較

なお内科や皮膚科なら保険適用だから料金が安いのでは?思われている方もいるようですが、AGA・薄毛治療は保険適用外の治療なので、何科で受けようが保険は適用されません。

AGA治療を受けるなら頭髪治療専門クリニックのまとめ

・皮膚科や内科は薄毛治療の専門家ではない

・AGA治療を受けるなら頭髪治療専門のクリニックがおすすめ

・AGAクリニックなら自分の症状に合ったオーダーメイド治療が可能

AGA治療にかかる費用

では続いては病院でAGA治療に必要な料金について、わかりやすくお伝えします。

自由診療のためクリニック毎に値段が異なる

AGA治療は保険適用外の自由診療にあたる治療です。これは皮膚科や内科などでプロペシアを処方される場合も同じです。薄毛治療にかかるお金に保険は適用されません。

ですのでクリニック毎で治療費用も値段もバラバラです。つまり言い換えれば、クリニック選びで失敗しなければリーズナブルな料金で治療を受けられます。

人気AGAクリニックの費用を比較

では具体的にAGA治療を受けられるのか、人気AGAクリニック3院『AGAスキンクリニック』『Dクリニック(旧ヘアメディカル)』『銀クリ(銀座総合美容クリニック)』で治療した場合の初月にかかる費用で比べてみましょう。

AGAクリニックと皮膚科・内科の比較

※AGAスキンクリニックは現在キャンペーン中のため、初診料・血液検査料が無料

上述したように『AGAスキンクリニック』『銀クリ』なら1万円台から治療を始められることがわかります。

これなら1ヶ月の費用が2万円としても、1日あたりの費用は約670円。毎日のタバコと缶コーヒーを我慢すれば、治療に取り組める金額です。それで長年の悩みの薄毛が改善されるのであれば安いと感じます。

またサラリーマンの平均お小遣いが約3.7万円と言われているので、お小遣いの範囲で十分治療に取り組める金額という点も薄毛治療のメリットですね。

AGA治療にかかる費用まとめ

・AGA治療は自由診療のためクリニックごとで金額が異なる

・人気クリニックでの1日あたりの薄毛治療費用は約670円程度

・AGA治療は毎月のお小遣いで十分始められるレベル

【2019年版】髪のプロがおすすめするAGAクリニック

ヘアケアのプロである『毛髪診断士』兼『育毛アドバイザー』が、患者さまの発毛実感率、治療内容、費用、口コミ、スタッフの対応などの各種項目を評価して選んだ本当におすすめできるAGAクリニックがこちらです。

1位
AGAスキンクリニック

全国に51ヵ所の治療医院が『AGAスキンクリニック』。発毛実感率が99.4%に達しており効果を期待できる薄毛治療が受けれます。3400円というリーズナブルな金額で治療を始められるのも嬉しいですね。

2位
Dクリニック

20年間もの薄毛治療実績がある『Dクリニック(旧ヘアメディカル)』。これまでに233万人以上の薄毛治療をしてきたため、実績面は素晴らしいです。現在も毎月15,000人以上の患者さんが訪問しています。

3位
銀クリAGA

育毛メソラピー治療が2万円以下の金額で受けられる『銀クリAGA』。治療医院は東京にしかありませんが、人気が高く全国各地から患者さんが訪れるクリニックです。

【医師監修】AGAクリニックの正しい選び方

AGAクリニックの選び片

【医師監修済み】現役医師が教えるAGAクリニックの正しい選び方を紹介。
クリニック選びで失敗したくない方はご覧ください。

【髪のプロが選ぶ】薄毛治療病院ランキング

AGAクリニックランキング

薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。
AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説。

最新の記事はこちら

  1. 【旦那・彼氏がハゲてる女性は必見】薄毛治療を始めたくなる言い方を考えてみた を公開しました。
  2. てっぺんハゲ
    てっぺんハゲが治らないは大嘘!原因と効く薬を髪のプロが解説 を公開しました。
  3. 大学生の若ハゲ
    大学生がハゲたら薄毛治療を受けられる?気になる効果や費用 を公開しました。
  4. Regrow MD Laser 272
    30分被るだけ!育毛効果のある帽子が発売開始【価格・使い方・購入方法】 を公開しました。
  5. ウィリアム王子
    ウィリアム王子が自身の薄毛をジョークに!ハゲ自虐ネタは世界共通だった を公開しました。